ヒーラーの援護付きウィザードラッシュ!!

今TH8の終盤です。TH8まで一気にあげてきたので、ここで一度立ち止まってカンストしてからTH9にいく予定です。

闇ユニットとババキンの強化がまだまだ残っているのでダークエリクサーを死守しながら頑張ってます。

ダークエリクサーを真ん中に配置して渦巻き型でかなり高い確率でダークエリクサーを守っているのですが、今日ついに真ん中のダークエリクサータンクを全壊させられました。

しかも、その相手が1つ格下のTH7のプレーヤーでした。

ヒーラーをうまく後ろから援護しながらのウィザードラッシュでした。こんな大量のウィザードに攻められたのは始めてだったので興味深かったですね。

ヒーラーで援護しながらのウィザードラッシュ(TH7)

構成は、レベル4のウィザード43体、ヒーラー2体。呪文はヒーリング2、レイジ2でした。

ウィザード(4x43)とヒーラー(14x2)で収容スペースの合計はちょうど200です。

収容スペース200に呪文3つというタウンホール7ではマックスの本気の攻めです。

ウィザードは体力が少なめですので、迫撃砲とかウィザードの塔でまとめて溶かせるから楽勝だと思ったんですが、後ろのヒーリングが意外としつこく生き残って、ウィザード一部のウィザードがなかなか倒せない

ウィザードは攻撃力が異常に高いので、2〜3体残っているだけで、壁、金庫、エリクサータンクなどの比較的ヒットポイントが高い施設もガンガン破壊されて中央にまで侵入されてしまいました。

とりあえず、動画を見てみて下さい。

TH6でヒーラーが使えるようになったときは、ジャイヒーを使いまくって星3つを取りまくってました。

TH6の時は、ヒーラー最強なんて思ってました。

でも、TH7以降は対空砲の数が増えて、レベルが上がってきてジャイヒーが使えなくなってきてからは、ヒーラーの存在なんてすっかり忘れてました。

アップグレードもせずにレベル2のまま放置状態です。

でも、このウィザードラッシュを見て考えを改めました。

当たり前のことですけど、ヒーリングの呪文は一度使えば終わりですけど、ヒーラーはうまく残せば、その間ずーっと回復し続けられるんですよね。

もっとヒーラーの使い方は研究の余地がありそうです。

さて、ウィザードラッシュの話に少しもどりますが、エリクサーの消費コストや訓練時間などの費用対効果を考えてみましょう。

ウィザードラッシュは実用的ではない

今回やられたウィザードラッシュの編成のコストを計算してみましょう。

とうことで合計が202,000エリクサーです。約20万ですね。

かなり高コストの編成なのでよほどの鴨村を見つけて全壊ちかくまでいかなければ赤字になります。

また、訓練時間もウィザード43体とヒーラー2体ですので、最長時間のかかる兵舎だとウィザード4回転+ヒーラー1回転ということで、47分(8分x4+15分x1)かかります。

もし、呪文のストックがなければ105分(30分x2+45分1)必要になります。

これでは回転率が悪すぎますので資源稼ぎには全く使えない編成です。

また、クラン対戦でもおそらくTH7終盤以上だと星3つ取るのはかなり難しいでしょうし、ヒーラーの動きによっては総崩れになって星0ということもありそうで安定感に欠けそうです。

ダークエリクサーが必要無いのがメリットですが、20万エリクサーも使うのであればGoWiPeやホグラッシュとそれほどコストは変わりませんよね。

だとすれば、同格からより安定的に星2〜3が取れるGoWiPeやホグラッシュの方が良いということになります。

ということで、クラン対戦でも使えない編成でしょう。

遊びでやると面白い編成だと思いますし、体力が無いから絶対にミスは許されないという意味で、ヒーラーの使い方の精度を上げるという目的を持たせばやる価値のある編成なのでしょう。

最後は無理矢理意味付けした感じになりましたが、ヒーラーの使い方を研究するというのはとっても有意義ですよね。

上手になればヒーリングの呪文を1つ減らしてその分呪文の枠を1つ有効活用できるでしょう。

ページTOPへ