ゴーレムの動き方を完全に把握して出す位置を決める

今日はリベンジでGoWiPeを使って大失敗をしたので、失敗の原因確認と今後の対策について書きます。

たぶん、多くの人が同じような失敗をしていると思うので、GoWiPeをこれから練習しようと思っている人やうまくいかないと悩んでいる人にも役立つと思います。

リベンジできそうな村を物色していたら資源がたっぷり溜まっている村を見つけたので、GoWiPeの練習ついでにごっそり全部いただこうと思って攻撃しました。

真ん中にダークエリクサータンク、エリクサータンク、金庫が集まって配置されていたので、真ん中まで突破してそれをごっそりいただこうと思いました。

全壊は狙わずに中央突破だけを考えていたので、同じ面からゴーレムを2体出す作戦を立てました。

バーバリアンキングが不在だったので、その面から攻めようと左のアーチャーの前と右の大砲の前に1体ずつ出して、攻撃を惹きつけている間に背後からウィザードで攻撃して前線の防衛施設を一気に破壊する作戦です。

GoWiPeのゴーレムを2体出す位置の確認

ところが、左のゴーレムは計画通りの動きをしてくれて成功したのですが、右のゴーレムが正面に行かずに右のサイドの方に流れていきました。

それに合わせてウィザードも一緒に流されていってしまったので、中央の真正面から出てきたかくしテスラを攻撃する部隊がいなくなってしまい、第一陣の攻撃でかくしテスラを破壊する事ができませんでした。

↓赤いのがゴーレムの動きで青が致命傷となったかくしテスラです。

GoWiPeのゴーレムを2体出す位置の確認

これが完全に致命傷となって総崩れ。中央までたどり着く前に全滅。最悪の結果です。

リベンジでさらに返り討ちにされた時の悔しさと言ったらもう。言葉に表せません。寝る前の最後の一戦だったら寝られなくて次の日寝不足になっちゃいますよね。

なんでゴーレムが流されていったのかプレイ中には分からなくてパニックになってしまいましたが、後で冷静によく見てみると原因は明らか。

それをこれから説明します。ゴーレムの動きをコントロールできないとGoWiPeは速攻で失敗して総崩れになりますので、みなさんも同じ過ちをおかさないように最後まで読んで下さいね。

壁で完全に囲まれていない防衛設備には要注意

ゴーレムの優先攻撃目標は防衛設備です。だから基本的には最も近い距離にある防衛施設の方に向かって動きます。

ただし、これが厄介なのですが、最も近い距離にある防衛施設の他に壁で囲われていない防衛施設があるとそちらを優先的に攻撃するのです。

つまり、最も近い距離にある防衛施設が完全に壁で囲まれている場合で、その他に壁で囲まれていない防衛施設が他にある場合、近い距離にある防衛施設を無視して、壁で囲われていない遠い距離にある防衛施設の方に行ってしまうのです。

私自身はこのゴーレムの動きのアルゴリズムで何度も失敗していたので、この事は知っていました。

なのになぜ失敗したのかと言えば、壁の一部が1箇所だけ空いてたのです。痛恨の凡ミスです。

壁が1箇所空いていることでゴーレムがそちらに流されて行った。

壁が1箇所空いているせいで狙っていた最も近い距離にある大砲ではなくて、さらに後ろにあるウィザードの塔の方に行ってしまったのです。

きちんと確認しなかった自分が悪いし、まさかそんなところに1箇所だけ壁が空いているなんて想像もしなかった。

あとは出てきた援軍を処理することもできず、破れかぶれで出したペッカも破壊し損ねたテスラにやられ、あえなく全滅。

相手は今頃リプレイ動画を見ながら笑いが止まらない状態でしょう。ほんとに悔しい。

GoWiPeに限らずそうですが、特にGoWipeの場合はゴーレムの動きに全てがかかっていますので、最初でつまずくと本当に簡単に総崩れになって全滅します。

猛反省です。

実際の失敗した動画はこちらです。

この失敗から得られた教訓は、当たり前の事ですが、配置を徹底的に確認したり、サイドカットを徹底して、ゴーレムやペッカなどの動きを完全にコントロールする。

自分が想定していた事と異なる事態に陥った時には、一度冷静になって場合によっては撤退すること。やぶれかぶれになって、ムキになってそのまま突っ走ったらかならず取り返しのつかない事になります。

特にクラン対戦じゃない場合には、素早く撤退する事が大事ですね。

ゴーレムが流されていった瞬間に、高い確率で攻撃が失敗に終わる状態になったのですから、そこで素早く撤退しなければなりませんでした。

ゴーレム2体は無駄になりますが、撤退すれば他のウィーザードやペッカは無駄に犠牲にならなかったわけです。

撤退する勇気を持つことは、どんな戦いにおいても超重要です。

本当に猛反省して次に活かしたいと思います。

ページTOPへ