TH9でのチャンピオンリーグ入りまでの道のり

こんにちは。シグマです。

さきほどついにチャンピオンリーグに到達する事ができました。

2015年5月22日にチャンピオンリーグに到達

クラッシュオブクランのシグマのプロフィール

タウンホール9の間に一瞬でもいいのでチャンピオンリーグに行ってみたいという思いがあり、無事に達成する事ができました。

今回は、私自身が実際に経験した事を元にタウンホール9でチャンピオンリーグに到達するまでの道のりや最短でチャンピオンリーグに到達するコツなどを説明します。

まず、チャンピオンリーグに到達するのは、個人的には思ってたよりも簡単でした。

TH9ではフリーズのスペルが使えないので、インフェルノタワーのある村を攻めるのが難しいと言われていたので、もっともっと苦労するかと思いましたが、意外にも早くたどり着く事ができました。

通常は、クリスタルリーグ3〜2(トロフィー2,000~2,400)のあたりでウロウロしていますので、そこからどのようにしてチャンピオンリーグに到達したのかを書きますので、私と同じくタウンホール9でチャンピオンリーグを目指している人には参考になるかと思います。

マスター3までの編成

クリスタルリーグの2、3くらいからマスターリーグの3まで行く時の編成は、だいたいこんな感じでした。

ご覧の通り、いわゆる基本5種といわれている編成です。

ホグライダーは援軍の釣り出し用に使いますが、クランの城が外に出ていたり、外側よりにあったりして、壁を乗り越える必要が無い場合にはバーバリアンで釣り出すので、ホグは使いません。

ガーゴイルは、本格的に攻める前に、ガゴで無傷で破壊できる施設がある場合に、その破壊に使います。

また、最後にタンクから資源を抜いたり、攻撃に失敗してあと数パーセント足りないといった場合に保険として使います。

ですので、ガーゴイルとホグはあまり使いません。ヒーローレベルを上げるのにダクエリを貯めないといけないので、できるだけダクエリは使わないようにします。

マスターリーグ3くらいまでは、タウンホール8がけっこう出てくるので、それらを中心に資源をたくさん持っている村を狙います。

このくらいまでは、トロフィーを稼ぐというよりも、通常の資源狩りをする感覚でどんどんいけます。

当然ですが、最初に援軍を釣り出して処理します。次にアーチャー、ガーゴイルを使ってノーダメージで破壊できる施設は全て破壊します。

それが終わったら、ジャイアントを全部出して盾にしながら、ウォールブレイカーで壁を破壊、ババアチャである程度中に攻め込んだ段階でゴブリンを投入してタンクや金山から資源を抜くというやり方です。

呪文は、よほど大量に資源が奪えそうな時だけ、ヒーリングを1〜2個くらい使いますが、通常は使いません。

これでタウンホール8だとうまくいけば全壊できますし、タウンホール9でも星2は取れます。

タウンホール10は無視です。

マスターリーグ3くらいまでは、勝った時にもらえるトロフィーの数はそれほど気にする必要はありません。資源をたくさん奪える村を探して攻撃しましょう。

マスター3からマスター2まで

マスター2(2800〜3000)くらいになってくると、タウンホール8がガクンと減ります。

ほとんどがTH9かTH10です。まだまだTH9がたくさん出てくるので、TH10はスルーしてTH9のみを狙います。

このトロ帯も資源狩りの延長線上のような感覚で大丈夫です。タウンホール9で、資源をたくさん持っていて、星2が取れそうな村を攻めます。

ポイントはいろいろありますよね。

特に壁が弱いというのが重要です。タウンホール9のマックスであるレベル5のウォールブレイカーだとレゴ壁を破壊するのに3体必要になります。

あまりたくさんのウォールブレイカーを用意してない編成なので、WB2体で破壊できるドクロ壁以下を狙いましょう。

マスター2以上になってくると相手はほとんどがTH9になります。つまりクロスボウを相手にしないといけないという事です。

そこで、壁役となるジャイアントを4体増やして12体にします。その分ゴブリンを少し減らしますが、あとはさきほどの編成とほとんど同じです。

村の検索に時間をかければ、この編成でも十分に星2が取れるのですが、村の検索に時間をかけずに回転を上げたいという場合は、ジャイアントをさらに4体増やして16体にしたり、ウィザードを4体くらい組み込んで少し編成を変えるのもよいでしょう。

これでマスター1にはたどり着けると思います。

さていよいよマスター1のトロフィー3000台に突入です。

このあたりから根本的に考え方を変えていく必要があります。これから詳しく説明します。

マスター1からは資源を無視してトロフィーだけ狙う

さて、いよいよマスターリーグ1のトロフィー3000台に突入です。

ここからは資源狩りという考えを完全に捨てて、トロフィーを稼ぐことだけを考えました。

また編成も大幅に変えました。

マスターリーグ1くらいになってくると、タウンホール8はほとんど出てきません。それどころかタウンホール9もあまりマッチングされません。

さらにごく稀にマッチングされるTH9は、レゴ壁以上で防衛施設もほぼカンストのような村が多いです。

ここからは基本5種の編成ではさすがに安定して星を取るのが厳しくなってきますので、陸軍であればゴレウィズ系、空軍であればラヴァバル系などかなり高コストの編成に変える必要性が出てきます。

陸軍でも空軍でもどちらでも得意な方でいいのですが、私の場合は陸軍が得意なのでゴレウィズで攻め続けました。

編成はだいたいこんな感じでした。

残りはバルキリーを少し入れたり、ババアチャです。兵舎の空き具合で早く生産できる方で埋めていました。

呪文は1回の戦闘でレイジを1つ使っていました。

壁のほとんどがレゴ壁以上なので、レイジとウォールブレイカーの組み合わせでタウンホールまでの壁を破壊します。

たぶんタウンホール9の陸軍戦術で最も大切なスキルの1つがレイジ+WBの組み合わせ戦術でしょう。

WBにレイジを組み合わせれば1体でレゴ壁を破壊できるんですよね。レイジ+WBのやり方は長くなるのでまた別の機会に詳しく書きます。

で、ここからが非常に大事です。というかこれさえ守れば絶対にTH9でも簡単にチャンピオンリーグに到達できます。

それは村の検索にじっくり時間をかけて攻める村をTH9以下だけにする事です。

マスター1ではマッチングされる相手はほとんどがTH10です。

しかし、少ないながらもTH9も時々マッチングされます。数百回に1回くらいはTH8などもマッチングされます。

早上げのタウンホール10の場合はもちろん攻めていくのですが、ある程度のレベルになっているTH10は完全に無視します。

とにかくTH9が出てくるまで、ひたすら村の検索をします。この忍耐ができるかどうかがTH9でチャンピオンリーグに到達できるかどうかの分かれ目になると思います。

村の検索をして20分くらい経っても攻める村が見つからないという事もあります。そのまま用事のためにログアウトせざるを得なくなって攻められてトロフィーが減るということもありますが、それでもいいのです。

一番やってはいけない事は、あせってTH10などを攻めて星を1つも取る事ができずトロフィーを30くらい減らしてしまう事です。

やむを得ずログアウトして攻められたとしても、タウンホールを外出しにしておけば、ほとんどの場合が星1だけ取られて終わりますので、マイナス1〜10くらいで抑えられます。

下手に攻めて星0でマイナス30とかに比べるとはるかにマシですよね。

きわどい村は絶対に攻めない。100%確実に最低でも星1が取れるTH9をひたすら探す事です。

また、時々マッチングされるタウンホール9の中で、さらに勝った時にもらえるトロフィーの数が最低でも20以上ある村に限定します。

マスターリーグ1になると、マッチングされるタウンホール9の村は、星3取ったとしても1しかトロフィーが増えない村というのが多いです。

こういうのを相手にしているとほんとに時間の無駄ですし、いつまでたってもチャンピオンリーグにたどり着けません。

マスター1の3,000からチャンピオンリーグの3,200までいくには、トロフィーを200稼ぐ必要があります。

最低でも1回の戦いでトロフィー10くらいは欲しいところです。

獲得できるトロフィーが30なら星1、獲得できるトロフィーが20なら星2で、トロフィー10を獲得できます。

タウンホール10の場合には、トロフィーを30くらい奪える村はたくさんありますが、タウンホール9でトロフィー30以上奪える村というのは本当に見つかりません。

でも、それをひたすら検索する忍耐力があれば、簡単にチャンピオンリーグに到達する事ができます。

ちなみに、私がチャンピオンリーグに到達した最後の戦いの相手はタウンホール8でした。しかも奪えるトロフィーは28です。

これを見つけた時は本当にうれしかった。当然全壊してトロフィー28を全ていただきました。

↓チャンピオンリーグに到達できた最後の戦いです。TH8でトロフィー28。頑張って探せばこんな村とマッチングされるんですね(笑)

ここまで読んでいただければ、もうお分かりだと思いますが、実は、タウンホール10を攻めなくても、インフェルノタワーを相手にしなくても、フリーズの呪文がなくても、チャンピオンリーグには到達できるのです。

最近は、タウンホール9のチャンピオンリーガーがかなり増えていますし、中にはタウンホール8のチャンピオンもいます。

だからタウンホール9でチャンピオンリーグに行くのは、それほど難しくなかったとうのは私の個人的な感想です。

私はクラクラをはじめて半年くらいなので、それより前の事は分かりませんが、たぶんもう少し前だと、タウンホール9以下のチャンピオンリーガーが少なかったので、もっと大変だったのだと思います。難易度が下がっているので、以前と比べると今のタウンホール9でのチャンピオンリーガーの価値とうのは低くなっていると思います。

もう1つ大事なポイントは、攻める時は、最低でも2回以上は攻めてからログアウトする事です。

マスターリーグ1での戦いはゴーレムなど訓練時間の長いユニットを使うので、ユニットや呪文を準備するのに1時間くらいかかります。

1回攻めてログアウト、1回攻めてログアウトというやり方では、攻めて奪ったトロフィーをログアウトしている間に奪われてしまって、なかなかトロフィーが増えていきません

1回攻めてトロフィー10を獲得、もう1回攻めてトロフィー10を獲得。合計20くらい獲得してからログアウトすると、ログアウトしている間にタウンホールだけ破壊されてマイナス10となり、合計で10のプラスとなります。

最低でも2回連続で攻撃する間はログインを継続してオンラインシールドを張っておかなければなりません。

これを繰り返していけば、チャンピオンリーグに到達できます。

私は、兵舎2、闇兵舎2、呪文2、ヒーロー2をブーストして、2日くらいでクリスタル2からチャンピオンリーグに到達しました。

それから特に陸軍の場合は、ヒーローのレベルがすごく大切ですね。

今、アチャクイが23、ババキンが22です。タウンホール9になってからひたすら壁とヒーローのレベル上げをしてきた甲斐がありました。

ババキンは、壁役として活躍してくれますし、大量のアーチャーなどが出てきた時にも、アイアンフィストでバーバリアンを大量に出現させて対処できます。

アチャクイは、ゴーレムやババキンの後ろからサクサク施設を破壊してくれますし、タウンホール破壊の際にも役立ちます。

TH10を相手に攻める時も、インフェルノタワー2つの射程に入っていながら、ロイヤルクロークで照準を外して、その間になんとかタウンホールを破壊できたという事も何回かありました。

ヒーローレベルが上がれば、ババキンのアイアンフィスト、アチャクイのロイヤルクロークで、出現するバーバリアンやアーチャーの数が増えるのと、攻撃力が増えるのとで、決定的に差が出ます。

チャンピオンリーグ入りにチャレンジする事で、ヒーローを育てることの重要性を再認識しました。

2回連続で攻撃する間、オンラインを継続できる時間が無い人や、極端にヒーローレベルが低い人の場合には、タウンホール9でチャンピオンリーグに到達するのは難しいかもしれませんが、そうでなければ、とりあえずチャンピオンリーグに到達するというのはそれほど難しくないと思います。

ページTOPへ