ウォールブレイカーとレイジでスムーズに壁を破壊

こんにちは。シグマです。

少しだけ近況を報告させていただくと、タウンホール9で最後の研究に入りました。

↓研究のレベル

2015年6月2日時点でのシグマ村のユニット、ヒーロー、呪文のレベル

↓防衛施設などのレベル

2015年6月2日時点でのシグマ村のレベル

最後の研究はバルキリーです。

バルキリーはずーっとレベル1だったのですが、タウンホール10に上げる前に絶対にあげておいた方がいいと思ったので、一気に3段階上げてレベルMAXにしています。

タウンホール10に上げる前にバルキリーのレベルをマックスにしておいた方がよい理由はこちらの記事「 TH10に上げる前にやっておかないと絶対に後悔すること」を読んでください。

あと10日くらいで研究が終わりますが、防衛施設がまだカンストしていないのとヒーローレベルがアチャクイ24、ババキン23ですので、せめて両方とも25くらいに上げてからTH10に着手したいと考えています。

さて、今日はタウンホール9のプレイヤーにとって超重要なスキルの1つを紹介します。

それはウォールブレイカーにレイジをかけて壁を破壊するテクニックです。

知っている人は知っているテクニックなのですが、クラクラをやりこんでいない人からすると、「はぁ?ウォールブレイカーなんかにレイジをかけるなんてもったいない。」と感じるかもしれません。

でも、このレイジ+WBのテクニックは、タウンホール9の陸軍使いのプレイヤーにとっては超重要なテクニックです。

タウンホール9のプレイヤーがクラン対戦で活躍するためには、同格を全壊して星3を取る事です。

TH9は同格から星2を取ったとしても普通です。活躍したと言えるためには星3を取らなければなりません。

でも、これが本当に難しいんですよね。

特に壁がレゴ壁以上にしっかり育っているTH9の村だと陸軍で星3をとるのは本当に難しいです。

ラヴァバルが上手い人は、壁を無視できるので星3を取る事が多いですが、陸軍使いのプレイヤーの場合には、かなりハードルが高いです。

タウンホール9のプレイヤーが陸で攻める場合に大事な事は、いかにスムーズに中央に侵入してタウンホールを破壊するかです。

ジャンプの呪文を使って中央突破するという方法もあるのですが、個人的にはそれよりもレイジ+ウォールブレイカーで壁を破壊する方法の方が優れいていると考えています。

その理由はこれから説明します。今回の記事で紹介するテクニックは、タウンホール9で同格から星2以上を取るのが難しいと感じている人に役立ちますので、ぜひ最後まで読んでください。最後には実際の動画も掲載しています。

たった1体のWB(Lv5)でレゴ壁を破壊できる

タウンホール9ではウォールブレイカーのMAXレベルは5です。

レベル5のウォールブレイカーの攻撃力は46です。さらに壁に対しては攻撃力が40倍になります。

46x40=1840

Lv5のWB1体の攻撃力は1,840です。

ということは、ピンク壁(Lv6)のヒットポイントが2,000なので、ピンク壁以上になると1体では破壊できない事になります。

レゴ壁(Lv9)のヒットポイントは4,000なので、Lv5のWBだと3体必要になります。

これがTH9で同格を全壊できない大きな原因の1つなんですよね。

全ての壁をウォールブレイカーでスムーズに破壊しようとすると20体近くのウォールブレイカーが必要になり、ユニット収容数を圧迫してしまいます。

そこで、ウォールブレイカーにレイジをかけて攻撃力を高めるのです。

レベル5のレイジならダメージの上昇は170%です。これにLv5のWBにかけると以下のような計算になります。

46x40x(1+1.7)=4,968

Lv5のウォールブレイカー1体の攻撃力が4,968となりレゴ壁の4,000を超えます。つまりレゴ壁ですら1体で破壊できるという事です。

サイドカットした後、最後に中央を突破するために壁を2枚破壊しなければならないという状況はよくありますよね。

レイジがないと合計6対のウォールブレイカーが必要になるのですが、レイジを重ねるとたった2体で中央を突破できるのです。

それだけではなく、レイジをかけることでWBの動きが速くなって、壁にたどりつくまでに迫撃砲やウィザード塔の範囲攻撃に巻き込まれてやられてしまう可能性が低くなります。

まだまだ、レイジ+WBのメリットはあります。レイジは呪文の輪の中に入っている間だけではなく、輪の外に出た後もしばらくレイジの効果が残ります。

レイジを中央周辺の破壊したい壁の近くに打つと、レイジの呪文の効果を受けたままヒーローやペッカなどの中央侵入部隊が中央に侵入する事ができます。

ヒーローなどのユニットがレイジの輪を抜けても効果を維持したまま中央に侵入している

上の画像でもレイジの輪を抜けているババキン、アチャクイ、ゴーレムなどがレイジの効果を維持したまま中央に侵入しているのが分かると思います。

これがジャンプの呪文を使って中央に侵入するよりも優れていると考える理由です。

ジャンプの呪文を使った場合、ただ中央に侵入するだけですが、レイジ+WBのテクニックを使うと、中央に突撃するユニットの全てがレイジの効果をうけたまま、攻撃力2.7倍の状態で中央に入っていくので、中央にあるタウンホール、ヒーロー、かくしテスラなどを一気に破壊してしまう事ができます。

中央を全て破壊した段階で、どれだけのユニットが生き残っているかが、全壊できるかどうかに大きく影響します。

これが上手く決まれば、星3を取れる可能性が大きく高まります。後は、そのまま押し切るか、裏ホグや裏バルなどを使えば全壊できるでしょう。

TH9のプレイヤーでクラン対戦で活躍できなくて悩んでいるという人は、ぜひ練習してマスターしてください。

レゴ壁ではありませんが、紫壁の村をレイジ+WBで中央突破している動画がこれです。

今回説明したポイントを意識しながら見て参考にして下さい。

レイジを打つ場所、WB1体で紫壁を破壊している事、ババキン・アチャクイなどがレイジの輪の外に出てもレイジの効果を維持しながら中央に侵入していることなどのポイントに注目です。

最後にもう1つ役立つテクニックを紹介します。

ウォールブレイカーの動きの基本的なアルゴリズムは、出した位置から最も近い防衛施設を囲んでいる壁に突撃していきます。

そして、壁に向かっている途中で、ターゲットとしていた壁が破壊された場合には、その時点の場所から最も近い防衛施設を囲んでいる壁に向かって突撃していきます。

この習性をうまく利用すると、中央の壁を上手く破壊する事ができます。

レイジの呪文を使えばLv5のWB1体でレゴ壁を破壊できますが、あえて2~3体を少し間隔をあけて連続して出すのです。

1体だけ出して中央の壁を破壊した後にもう1体追加して出すと、サイドカットが完全にできていない場合に、中央のさらに奥に壁ではなく、より近いサイドの部分に流れて行ってしまう事があります。

2~3体を少し間隔を開けて出すことによって、全てが中央に進んでいき、前にいるWBが壁を破壊した時点で、その場所から最も近い防衛施設を囲んでいる壁にターゲットを変更します。

前にいるWBが壁を破壊した時点では、残りのWBもかなり中央に近い場所まで進んでいるため、その場所から最も近い防衛施設を囲んでいる壁というのは、中央のさらに奥の壁ということになって、さらに奥に進んでいき中央の残りの壁を破壊できるのです。

ポイントは、少し間隔を開けて連続して出す事です。

間隔が短すぎると、同じ壁に向かって突撃して爆発してしまいますし、間隔を開けすぎると、サイドに流れて行ってしまいます。

少し難しいかもしれませんが、少しずつ練習してみて下さい。

ページTOPへ