資源を守る配置|格子型風車陣

2015年9月17日のアップデートでタウンホール10の壁が25個追加されました。合計275個の壁が使えるようになったことで、今まで使っていた配置を大幅に変更する必要があります。

美しくてしっかりと守れる陣を考えるのは本当に難しいですよね。みなさんも、悩んでいると思います。

そこで、壁275個の最新タウンホール10の配置を随時ご紹介していこうと思います。

まず、今回は275個の壁を使ったもっとも基本的な陣です。名付けて格子型風車陣です。

まず275個の壁を最大限有効に使う事を考えて、壁の配置を先に決めてみました。

壁275個を使ったタウンホール10の配置(壁の配置だけ)の画像

どうでしょう?左右上下対称で美しい配置ですよね。9つの部屋に分かれていてどの方向から攻めても3つの壁を破壊しないと中央に辿り着けないようになっています。

通常のマルチプレイで資源集めをする時にも使えるし、クラン対戦でも使う事ができる配置になっています。

まず、ファーミング時にしっかりと資源を守れる配置をご紹介します。

壁275個を使ったタウンホール10の配置(タウンホール外出しで資源を守る配置)の画像

タウンホール10で両ヒーローがレベル40になっていない間、特に大事な資源はダークエリクサーですよね。

という事で、ダークエリクサーを死守すべく真ん中にダークエリクサータンクを配置しました。

その周りをかくしテスラとインフェルノタワーでがっちり守ります。

そして、その周りに金庫とダークエリクサータンクをバラして配置しています。ポイントは、できるだけ別々の部屋に配置する事です。

バラして配置していると、どこかの壁を破られても、他の資源を守る事ができます。時々、1つの部屋の中に全てのタンクや金庫を置いている配置がありますが、その場合壁を破られると全部奪われてしまいます。

この配置は、真ん中の部屋の周りに4つの部屋がありますので、その4つの部屋に均等にバラして配置する事ができます。

ババキンとアチャクイはタウンホールの外側にそれぞれ配置しています。中に入れておく事でやられにくくなりますし、中央に向かって攻めてきた敵の主力部隊を両ヒーローで引きつけている間に真ん中のインフェルノタワー、かくしテスラで攻撃できます。

それ以外の防衛施設の配置は好みでできるだけ均等に配置してみて、攻められたリプレイを見ながら適宜調整していくということになるでしょう。

さて、次はクラン対戦用の配置を紹介します。

クラン対戦用の配置|格子型風車陣

次にタウンホールを真ん中に入れたクラン対戦用の配置です。

壁275個を使ったタウンホール10の配置(クラン対戦用の配置)の画像

中央のタウンホールをインフェルノタワーとかくしテスラで守ります。

その周りの部屋にそれぞれクロスボウ、両ヒーローを配置しています。

タウンホールを守るためと、最も火力の高い中央部で足止めをして、できるだけたくさん敵にダメージを与えるためにクランの城とダークエリクサータンクをタウンホールの周りに置くようにしています。

TH10では、施設のヒットポイントはそれぞれ上から、タウンホールが5,500、クランの城が3,400、ダークエリクサータンクが3,200となっています。

そして、タウンホール10を全壊する事ができる編成の1つであるハイブリッド対策として、陸軍で対空砲を破壊されないように、それぞれ別々の部屋にバラして1つずつ対空砲を配置しています。

壁275個をフルに活用して広く配置しているで、壁の外にある施設を最小限に抑える事ができ、アーチャーやガーゴイルなどで外側を削ってパーセントを稼がれる事を防ぐことができます。

これも防衛のリプレイを見ながら防衛施設の配置を修正していく事で、より強固な配置になっていく事でしょう。

今回紹介したこの格子型風車陣は、左右上下対称の美しくて、壁275個をフルに使った最もオーソドックスな陣だと思います。

あまりにも対称すぎると面取りがしやすいというデメリットもあるのですが、タウンホール10の壁が275個になった時代の基本ベースという事で参考になればと思います。

これからも随時壁275個の配置を取り上げていきたいと思いますので、お楽しみに。

ページTOPへ